『オデッセイ』

JUGEMテーマ:映画の感想

 

2015年に公開された、マットデイモン主演のSF大作です。

 

監督はリドリースコット。

 

リドリー スコットと言えば、僕の中では『エイリアン』です。

 

この監督と主演の組み合わせは初めてだったようで、マットデイモンが彼と一緒に仕事ができたことを、うれしそうにインタビューで語っていました。

 

 

あらすじは、火星に取り残された宇宙飛行士がいかに生き延びるか、です。

 

観る前は、マットデイモンくらいしか登場しないのかと思っていましたが、予想以上にたくさん人が出てきました。

 

それで、思っていた以上に、主人公が明るくて、前向きに生き残る方向を模索していました。

 

「生き残るためには何が必要か」ということを考えたとき、希望を失わないことは大切なことです。

 

しかし、この映画ではその希望だけに頼らずに、知力を振り絞って現実に立ち向かいます。

 

持てる知識を総動員して、水を生成したり、ジャガイモを育てたり、通信方法を考えたり…。

 

ストレスが爆発して、ブチ切れたりもしますが、常に行動することで、毎日を過ごしていくんですね。

 

それでも、思わず涙があふれてくることも。

 

あのむせび泣きをするシーンは、リドリースコットのサプライズ演出があったと、マットデイモンが後で語っています。

 

撮影時に装着していたヘルメットは、実際に音声を送ることができるもので、そこにマットデイモンが久しく会っていなかった友人たちの声を送ったんだそうです。

 

自分がお世話になった人たちの声を聞いて、マットデイモンは自然と涙があふれてきたとか。

 

映画監督はいろんなことを考えますね。

 

エンドロールで流れる『I will survive』も、シャレが聞いていてよかったです。

 

 

 

 

コメント